トップ  >  ボディコーティング  >  「アークバリア21」製品概要

   

「アークバリア21」製品概要

 有機物を含まない「ガラス皮膜」で車のボディ(塗装面)をコーティングする「アークバリア21」。深みのある光沢、高い保護効果、圧倒的な持続性、全てにおいて高い品質を誇ります。科学の結晶と独自の技術が生んだ最高水準のガラスコーティング。それがカーコーティングアークバリア21」です。
 有機物を含まない為、理論上ガラスコーティング剤が流れ落ちる事はありません。これが車の塗装面に深みのある光沢と、高い保護効果を保つことができる理由です。これが究極のボディコーティングアークバリア21」です。


忘れられない輝き、超耐久性コーティング

深みのある光沢、高い保護効果、圧倒的な持続性。全てにおいて高い品質を誇ります。

アークバリア21のコーティング概要

アークバリア21施工車

アークバリア21のボディコーティングを施工した車


光沢性 Gloss

光沢性 Gloss

一目でわかる、それが「アークバリア21」の輝き

仕上がった愛車にオーナー様が共通して驚く、一目見た時の輝き。キズや劣化のあるボディでも。高級感のあるツヤが再現、一層深みを増したことを実感できます。丁寧な下地処理の後に施す、透明でピュアなガラスコーティングが、愛車の輝きを取り戻します。

水弾き Flip Water

水弾き Flip Water

雨、洗車後の水滴跡、水垢汚れからボディを守る

水玉(撥水)になる方がコーティング効果があると言われていますが、水玉はレンズのように光が集まり、ボディが傷みます。また、水玉模様の水垢を残してしまうことも。抜群の切水効果を誇る「アークバリア21」は水がサッと流れ、水滴が残りにくいのです。

耐久性 Durability

耐久性 Durability

他を圧倒する持続性

コーティング剤の多くは耐久性がネックです。仮に3年や5年といった保証をつけていても、特殊なメンテナンスを強要されたり、洗車機はダメという制約が多いのが現状です。「アークバリア21」は施工の段階で丹念に下地処理を施し、完全無機質の溶剤を手作業で塗り込んで行きます。この手間を惜しまない事が結果的に耐久性が高め、オーナー様のお手入れの負担をかけない、理想的なコーティングを実現しているのです。

表面硬度 Surface hardness

アークバリア21の硬化サンプル

キズに強く、劣化や汚れの原因を未然に防ぐ

施工後2週間程度でガラス被膜が完全に硬化する「アークバリア21」。表面にキズが付き難いという事は、そこに溜まる汚れが少ないという事。くもりや塗装劣化をシッカリと予防しているのです。ガラスコーティングはボディの塗装面にガラス塗装をもう一枚施した様なものなので、砂利の付着した布や研磨系のワックスなどを使用するとキズが付く恐れがあります。この事は美しいボディを長く保つために、ぜひ知っておいて下さい。

メンテナンス Maintenance

洗車だけでOK!

洗車だけでOK

ボディの表面は薄いガラスで覆われている為、洗車後は、柔らかいクロスなどで拭き上げるだけ。従来の油脂コート剤に対し、5~10倍の優れた耐久性を誇ります。

アークバリア21の施工前と施工後

▼ アークバリア21の効果
施工前 施工後
アークバリア21施工前 アークバリア21施工後

本物の輝きを感じて欲しい。これがアークバリア21のガラスコーティングです。

アークバリア21施工後のご注意

  • 本製品が完全硬化(施工後約2週間)するまでは、洗車を控えて下さい(一般的な雨やその他汚れの付着は問題ありません)。
  • 研磨剤や微粒子系ワックスの使用は、ガラス被膜を削る恐れがある為、劣化の主原因となります。

日常のメンテナンス

  • 洗車後はできるだけ柔らかいクロスなどで拭き上げを行って下さい。
  • 表面に曇りや繊キズなどが現れた場合や、ボディに付着したピッチ、コールタール、鉄粉が取れ難い場合は、無理に磨いたりせず、必ず施工店にご相談下さい。

メンテナンスグッズは、こちらからどうぞ。 メンテナンスへGO